Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
日本女子プロ野球機構
日本女子プロ野球機構
DVD ニューリリース
空色リボン・キャンペーン
空色リボン・キャンペーン
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
うずうず
時代の徒花 と形容していいのか 先代の1000Zの評価が高かったせいなのか 発売時期がちょうどバブル終焉と重なったせいで売上げが伸びなかったせいなのか 名機2000ZがZAをすっ飛ばしてZXに行ってしまったからなのか 今もって理由は定かではありませんがDS-1000ZAは時代の波間に埋もれた感たっぷりの悲劇のヒロイン(チック)

77シリーズとは金額的にも倍の開きがある1000シリーズなので 筐体の造りはかなり威風堂々且つ曲線を利用した非常に滑らかな本格的なもの スピーカーユニットも一見して派手さは無いもののいぶし銀的な重厚感を感じることが出来る堅実なものがマウントされていて 所有しているだけで満足感が得られる さすがDIATONE工房で手作りに近い製造方法だったというのにも頷けるもんですわ 1000シリーズでこんなんなんだから 2000>3000>8000>10000>20000 なんてのはどうなっちゃうわけ?

さて肝心の音はどうか?と言うと シロちゃんがソファで熟睡しているので 延期です ・・・シクシク

シロちゃんがどいてくれたので ほんのちょっと試聴 例によって オジーさんの『LIVE at BUDOKAN』から“Mr. Crowley”
ヤバい 音が破綻してる DCD-S10>CX-1>B-2102mos>DS-1000ZA じゃダメだ ザックのGだけが恐ろしいほどに響いてるけど それ以外の全てが破綻してる オジーさんのVoは引っ込んでるし DsもBもユルユルで それよりも何よりもノイズっぽくて聴いていられない これはかなりヤバし 明日 M-L10引っ張り出して ケーブルの構成を再考する必要アリだな こりゃ
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | オデオの話 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 16:00 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://oroshigane.jugem.jp/trackback/624
トラックバック