Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Sponsored links
日本女子プロ野球機構
日本女子プロ野球機構
DVD ニューリリース
空色リボン・キャンペーン
空色リボン・キャンペーン
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
オーディオ雑誌って何?
つい最近 92〜93年の当時よく読んでいたオーディオ雑誌(現在は廃刊)をヤフオクで購入してよく読んでいるのだが 当時はまだ世間がバブルに浮かれていて元気だった時期なので 記事もなかなか元気があるし 記事に登場するメーカーや開発担当者のコメントも元気があって 読んでいてもかなり楽しい やはり評論を生業としている人の意見・文章ではなく 開発した当事者の意見というのは かなり生々しくて面白い

特筆すべきなのは この雑誌の傾向だとは思うが 価格の高い機種を取り上げて褒め称える昨今の悪しき評論傾向はなく 価格が低い機種でも例外なく記事に取り上げ 組合せや基本的な使い方などの説明を交えて 十分に紹介していることだ

最近(ここ10年くらい)のオーディオ雑誌ってのはどうも 高額機種(not高級)だけをもてはやす評論家の読む価値の無い文章が羅列している太鼓持ち雑誌 に成り下がっていて 目を覆いたくなる

確かに 以前は家電の一部としての需要が高く どの国内メーカーもそれぞれ個性を持ったブランドを立ち上げていて活況があったオーディオ市場だけど バブルの終焉とともに真っ先に需要が低くなり 国内メーカーのほとんどがオーディオから撤退してしまい 量販店でも取扱いがなくなり 新製品のほとんどが海外製品となってしまった昨今では どうしても海外の高額な機種で記事を書かざるを得ないであろうが それにしてもさ “低価格の機種は聞くに値しない”と公言しちゃってる 価格第一音質二の次 という高額機種偏重評論家もいるくらいだから オーディオ雑誌の中身ってのは推して知るべしってとこまで来ちゃってる キちゃってる?

ミニコンポや携帯オーディオの音質に疑問を抱いて もっと良い音で聴きたいと感じ始めた人たちが その道しるべを探すべくオーディオ雑誌を書店で手に取ったとしても 紹介されているアンプ・プレーヤー・スピーカーの最低限のセットの価格が 100万円 ではとてもじゃないが検討する余地もないだろうよ そういう高額な機種を紹介しておきながら 二言目には「オーディオは決して敷居の高い趣味ではなく 組合せによっては低価格で〜」って書いてあるんだよね 評論家諸氏の低価格の基準って100万円なのかな? それともメーカーが希望する個人単価が100万円なのかな? 現行の商品でも低価格の機種を選べば15万円程度で十分に音楽を楽しめるセットを組めると言うのにね

以下は代表的なオーディオ雑誌だけど この中でボクが定期購読しているのは “AUDIO BASIC”だけ これも最近高額機種偏重主義になりつつあるので 購読する意味は無いかなぁと思いつつある 無駄CDを付録にして定価を上げてるしね

STEREO
月刊 かなり昔からある雑誌で 国内メーカーのものが中心 全ての記事で新製品を褒める しかし必ず「前のモデルに比べて音質は向上している」と言うので じゃあ何年にも渡ってモデルチェンジをしている機種は天井知らずかい!?ってことなり 論理は破綻している 「あ こんな機種が新発売なんだぁ」と新製品カタログとして読む見るのが正解

Stereo Sound
季刊 略称:ステサン 雑誌の値段も高いが 紹介されている機種も高いもんばっかし 前述の高額機種偏重評論家が暗躍している“舶来マンセー&100万以下はゴミ主義”雑誌 オーディオは音楽を聴くためのものではなくステータスを誇示するためのもの な方にオススメ この本に紹介されている組合せそのままが 売れっ子ホストの家に鎮座しています

Audio Accessory
季刊 略称:AA その名の通り アクセサリー関連記事が多く ケーブルやインシュレーターの情報を得たい時に便利 色々なオーディオ店の広告が多数掲載されているので ほとんど知られていない思わぬ優良商品を知ることが出来る(こともある) ボクはこの雑誌の広告で御影石の店を知りました(マジで愛用中) 音楽雑誌で言えば『Player』みたいなもんかな? ただ いつも付録してるCDはかなり要らない

AUDIO BASIC
季刊 略称:AB この中で唯一定期購読している 以前は初心者向けの記事が多く門戸を広くする気がある雑誌だと思っていたが ここ最近はすっかり前述のステサン的な高額商品マンセー記事が目に付く 中途半端なアクセサリー記事は前述のAAの模倣だし 以前は決してやらなかった意味の無いランキングで一号分の誌面を埋めたり 要らないCDを付録するようにな(ってから定価が上が)ったのも然り どうも編集方針が変わったようで 最近はほとんど読む気がしない(が惰性で買っている)

無線と実験
月刊 略称:MJ どっちかと言うと つか 明らかにオーディオ機器の技術面にのみ特化した雑誌 電気的な知識の無い人は買っても無駄 内容が理解できませんから

A&V Village
たしか月刊 信じるものは救われる 鰯の頭も信心から 仏の顔も三度まで(?) かめはめ波とか北斗神拳とか使えるようになるかもしれません
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | オデオの話 | 03:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 03:06 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://oroshigane.jugem.jp/trackback/630
トラックバック