Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Sponsored links
日本女子プロ野球機構
日本女子プロ野球機構
DVD ニューリリース
空色リボン・キャンペーン
空色リボン・キャンペーン
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
法律をどう扱うか
罰金は「0円」、温情判決 京都地裁、記憶喪失で万引の男に(2007/4/27 京都新聞)

法律を逸脱することなく 最大限に法律を利用して 現状に即した形で判決を言い渡した良い例 罰すべき罪は罪として明確にしているが 被告の現状を一番に考えて 現実を十二分に考慮した見事な判決 そしてその判決のアフターケアまで考慮している こういう判決と処理こそが 法律を守り税金を納めているボクが法曹界の人々に望むものだ

一方

<強制連行訴訟>中国国民の請求権認めず 最高裁が初判断(2007/4/27 毎日新聞)

こちらは評価すらしたくない 不当判決であるものか 当たり前だよ こんなことで最高裁の仕事を増やすな=日本の税金を使うな と言いたい

弁護人がインタビューで「請求権が無いことを理由に上告を棄却されるなんて!!」と憤慨していたが もう一度司法試験を受けなおせ 阿呆! と言いたい 法律に反する判決などあり得ないだろ? 法曹界で仕事する資格無しだ

サンフランシスコ平和条約で明確に 個人の請求権の放棄 が定義されており さらに 日中共同声明で 中国から日本への賠償の請求放棄 が定義されているのだよ それを今さら誰に何を請求するのだ!?
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | ニュース斜め読みした話 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 16:28 | - | - |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック