Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Sponsored links
日本女子プロ野球機構
日本女子プロ野球機構
DVD ニューリリース
空色リボン・キャンペーン
空色リボン・キャンペーン
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
天国と地獄
映画 ではないんだよね テレビ朝日のドラマ 不朽の名作『天国と地獄』のリメイクドラマ 舞台がなぜか小樽になっている以外は ほぼ全編オリジナルのままのストーリーになっていた

主演の権藤(三船敏郎)に佐藤浩市 戸倉警視(仲代達矢)に阿部寛 権藤の妻(香川京子)に鈴木京香さま 犯人の竹内(山崎努)に妻夫木聡 オリジナルは当時の日本映画界のトップばかりを集めたキャストなので ドラマの方が見劣りするのは致しかたない だって オリジナルの本部長役は ちょっとしか出番が無いのに志村喬だよ? 敵いませんやな

主演の佐藤浩市がこんなにも良い役者になってたとは正直驚きでした 目の色を変える演技が出来るじゃないすか 『美味しんぼ』の頃とは段違いの演技力で もう今やお父さん(三國連太郎)と肩を並べても遜色ないかと 鈴木京香さまはいつもながらいい味出してたし 阿部寛の演技に厚みが感じられないのは残念だが いつもの事なのでそれは致しかたない

ドラマの出来はと言えば 音楽がちょっと過剰で邪魔 うるせー!セリフ聴こえねー!ってこともしばしば もうちょっと抑えて欲しかったってのと 下から見上げた権藤の邸宅が なんだかえらくちゃちい建物にしか見えなかったってのがマイナスだね あの家を見上げて羨ましがるヤツなんかいねえよ もっとこう『丘の上にそびえる白亜の殿堂』みたいのにしとかないとさ あれじゃあその辺の工務店のビルの上にあるプレハブだよ

まあそれはそれとして ここまではテレビドラマにしてはなかなか見応えがあったと言わざるを得ない さあそこで もう一人の主役 犯人役の妻夫木くんだが まあはっきり言って 観るに耐えない 聞くに堪えない の骨頂でしたね 最期の権藤との面会シーン 苦笑いしか出ませんでした ヒドイよ

さらに ブッキーくんの演技力の無さに起因しているのかもしれないけど 動機は要するに逆恨みなんですよ 研修医にはなったものに仕事で身体は酷使され 冬は寒い夏は暑い風呂もないようなアパートで暮らす社会の底辺にいる自分の生活に比べて 丘の上に豪邸建ててのうのうと暮らしてる金持ちの優雅な生活 が羨ましくて嫉ましくてしょうがなかったんですよ 金も欲しかったけど そんな優雅な生活を面白おかしく送っている金持ちが 慌てふためく様を見たかったわけですよ なのにそんな描写がいっこも無いのね

ヘロインを調達してくれる若い可愛い金持ちの娘には盲目的に好かれて クロムハーツのアクセサリーを首から提げて おしゃれな服を着て小樽の街を闊歩して まったく社会の底辺にいる(と自分で思ってる)感がゼロなんすよ 今どきのおしゃれな若者にしか見えんのですよ 仕事に忙殺されて毎日豪邸を見上げて憎しみを募らせていく様が想像出来んのですよ 権藤に面会して動機をぶっちゃけちゃうシーンでも それまでにほぼ何も鬼気迫る感が無いので 何をムキになって言ってるの?程度の感じになっちゃったんですよね

あのシーンでは 憎しみと怒りの原動となった権藤を前にして 死刑への恐怖と 全てが権藤のせいだという怨念と でもそれは権藤のせいではなく単なる自分の逆恨みだと分かっている後悔と自責の念と それを権藤に悟られないために敢えて何事も無いかのように振舞おうとするわずかに残った理性とで 頭の中がごっちゃごちゃになっているから それこそ一秒ごとに表情も口調も声のトーンも変わってしまう でもそれを悟られないために抑え込もうとするので さらに表情も声も歪んでしまう という高度な演技力が必要だったんだよね

そこまでの演技をブッキーくんに要求するのも 所詮は無理な話か オリジナルで竹内を演じた山崎努はたしかこの映画がデビュー作だったんじゃなかったっけ? 山崎努は思いっきり荒削りの演技だったけど 鬼気迫る迫力だけは醸し出してたよね ブッキーくんには鬼気迫るものは感じられなかったってのが残念だね いつもの“おしゃれでかっこいい爽やかブッキーくん”じゃあ この役は無理でした ってオチ
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | 映画を観た話 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 00:32 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://oroshigane.jugem.jp/trackback/793
トラックバック