Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Sponsored links
日本女子プロ野球機構
日本女子プロ野球機構
DVD ニューリリース
空色リボン・キャンペーン
空色リボン・キャンペーン
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
経験不足と井の中の蛙
内藤初防衛!亀田に黒星、「国民の期待に応えられた」(2007/10/12 サンケイスポーツ)

昨日のWBC世界フライ級タイトルマッチ 内藤大助−亀田大毅の試合 録画して今日観ました だって裏でゴメス・チェンバリンのスペシャルやってたんだもん 当然そっち観るでしょ ゴモットモーッ!

で 今日全12ラウンドをくまなく観たところ 左手を前に出して反則気味に相手の頭を抑えながら身体を大きく左右に揺らしてボディ打ちを主体に攻める変則的なボクシングをするチャンピオン と ガードを高く上げてゆっくりと頭から相手に近づく亀田家特有の防御的に見えて実はその逆の“当てて下さい”と言わんばかりの無意味な姿勢の若い挑戦者 がそこで対戦してましたよ

クリンチやバッティングに首を傾げ再三レフェリーにアピる挑戦者の姿が印象的だったけど あんなもんでレフェリーは注意しませんし つーか 一発もパンチ出さないで頭から突っ込めば 頭は当たるしクリンチにもなるでしょ だってボクシングなのにパンチ出さないんだもん

どうやらタイソンに憧れて 相手に近づいてショートのフックを攻撃の主体とする戦法を取っていたように思われるが タイソンの場合には一瞬の突進力で相手との距離を一気にゼロにして相手の懐に入り左右のフックで攻める戦法であって ただボンヤリと頭と手を前に突き出してノソノソとベタ足で相手に近づく戦法ではない ガードを高く上げてパンチも出さずに相手に近寄っていけば ガラ空きのボディを打たれるでしょ 実際に内藤選手のボディ打ちが面白いように決まっていたしね この時点で大毅選手の“勝ち”は無くなったも同然だった

そもそも 近距離での左右のフックを主体とした戦法は 大毅選手のようにパンチ力も一瞬の突進力も平均的な選手には不向きだよね テレビ解説では一所懸命にパンチ力も瞬発力もあるように解説していたが 他のフライ級の選手と何ら変わらないでしょ ただ違うのは子どもの頃からボクシング浸けの日々を送ってきただろうから その分アドバンテージがあるだけ 強打者でもなくスピードがあるわけでもなくテクニックがあるわけでもない彼にとって 戦法の選択ミスは致命的だよね これはセコンドやトレーナーの犯したミスでしょ

一方の内藤選手は 相手のただひたすら前に出てくるだけの戦法に序盤こそ面喰った感も見られたが すぐに空いているボディへの攻撃に切り替えて有効打を重ねていったのが効果的だった おそらく大毅選手はパンチは効いていなかったと主張したいだろうが ジャッジに与える印象では 内藤選手のボディへの攻撃が大毅選手の忘れた頃に出る単発のパンチよりもはるかに効果的だったでしょう ポイントが一方的だったのも頷ける

内藤選手が強くてテクニックのあるチャンピオンだとは言えないが 少なくとも大毅選手を遥かに上回る老練さと順応性を持ち合わせていたことは紛れも無い事実だろう 狭い井の中で憶えたヘンテコな戦法を最後の最後まで変えることなく過信に溺れた若い挑戦者と 若い挑戦者を真っ向から迎え撃ちながらも手応えを感じさせない老獪さで若い挑戦者を翻弄し続けたチャンピオン どっちが6回戦程度の選手なのか? 若い挑戦者は驕りを捨て去ってから今一度奮起してもらいたい

ああそうそう モハメド・アリ ロイ・ジョーンズ・Jr フロイド・メイウェザー ナジーム・ハメド 等々 試合をする前に相手を徹底的に罵倒する選手は何人もいるけど 試合後には必ず相手の強さに敬意を表して実力を認めている 例え自分が負けた試合であってもその姿勢は決して変わらない 試合後に勝者に敬意を表することもなく振り返ることも無くリングを後にするなど許されることではない ボクシングは“試合”であって “殺し合い”じゃあないってことを トレーナーの史郎氏が指導する選手に教えるべきだと思うがどうかな?
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | ニュース斜め読みした話 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:00 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://oroshigane.jugem.jp/trackback/812
トラックバック