Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Sponsored links
日本女子プロ野球機構
日本女子プロ野球機構
DVD ニューリリース
空色リボン・キャンペーン
空色リボン・キャンペーン
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
困ったよ
姉が状態が思わしくないらしい

緩和病棟に入院した 積極治療ではなく 痛みや苦しみなどから身体の負担を軽減する緩和ケアという医療行為をするんだそうだ

かなり前から肺に転移したガンが進行していたようで 自宅に介護用ベッドや酸素吸入器や トイレにまで後付けの手すりが付いていた

そんなことちっとも知らなかった


本人はもう覚悟を決めたようで 事後処理は全て弁護士に依頼済みで あとは自分の呼吸の苦しみや身体の痛みを和らげたいだけのようだ

実際 10分も話していると息が上がるのが分かるほど 呼吸器系は弱っている 自分も喘息持ちなので この程度で息が上がるのであれば かなりの重症だと容易に想像が出来る

長年の抗がん剤治療の影響で肝臓にダメージが蓄積しているので これ以上の抗がん剤治療は致命的だとも言っている 長年面倒を診てくれた医者がそう言うのなら 間違いなくそうなんだろう


さて そんな状況を目の当たりにして 冷静でいられるわけもなく 物凄く動揺していて 自分で何が何だか分からない というのが正直なところだ

暴食してしまうし やたらソワソワするしイライラするし 好きなテレビ番組を観ても頭に入って来ないし 何をどうしたらいいのか見当もつかない

とりあえず 姉の前では平静を保たないといけないが 変に感情の抑揚を無くすと それはそれで妙だし… どうしたもんだかねー
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | つくづくな話 | 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
総統閣下が久しぶりにお怒りです

閣下 あまりの怒りにドイツ人であることもお忘れのご様子

あと かたつむりクリームは止めた方が良いと思います かたつむりが膨大な細菌を媒介していることを考えると かなり気持ち悪いです
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | つくづくな話 | 06:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
なでしこリーグを初めて観た人
INAC神戸レオネッサ−ジェフユナテッド市原千葉レディース 
岡山湯郷ベル−伊賀FCくノ一 

の二戦を観た 

結論から言うと 神戸のレベルが千葉よりも二つ上 そのすぐ下くらいが岡山と伊賀 そんな感じですね 

厳しい言い方をすれば プロ=神戸 実業団=千葉 国体レベル=岡山・伊賀 というくらい 歴然とした差がありますね 

身体能力だけでなく 運動量の差 ボールへの執着 全てにおいて 一枚・二枚の差がある これは 各チームの練習環境や懐具合が強く影響しているでしょうね 

神戸以外のチームは ほとんどが大学生や社会人 サッカーだけをやっていられる環境にはなく 学生なら学生生活 社会人なら本業をこなしつつ 少ない合間を縫ってサッカーの練習を重ねているという状況で プロチームの神戸と同じ土俵の上で戦っていること自体に無理があると言えるでしょう 

これは 早急に対策をしないと 常勝軍団の神戸&その他大勢 という図式が出来上がってしまって なでしこリーグ=INAC神戸 となりかねない事態ですね

毎年同じチームが優勝する ほどつまらないものはありません ナベツネじゃないんだからさ 各チームの実力差を縮める努力が早急に求められます 

各チームでもちろんすぐに状況を変えることはできないでしょうが 日本サッカー協会としてなでしこリーグを盛り立てて行きたいのであれば 何らかの(特に金銭面の)支援策を検討しなければ せっかく世間から注目をされた彼女たちの将来は またごく一部のファンの応援だけで成り立つものとなってしまいます 

ぜひ 一考願いたい>日本サッカー協会:http://www.jfa.or.jp/ 
あと スポーツ振興費をえらく削った>文部科学省:http://www.mext.go.jp/
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | つくづくな話 | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
急に女子サッカーファンになった人の女子サッカー&アマチュアスポーツ考
ブログを止めていましたが 今回の女子サッカーの快挙に触発されて 女子サッカーに関することを含め おかしくね?と思うことをまた書き始めます ええ


なでしこジャパンが世界一になったことで 突如世間で注目を浴びることとなった日本の女子サッカー界ですが 色々調べてみると 注目度と環境が必ずしも比例していないことに気づきます 

まず一番大きいのは 東電の福島原発事故による 東電のチーム東京電力マリーゼの活動休止 これで所属選手は 活動休止を余儀なくされています 運よく移籍出来て選手生活を続けられる選手もいますが それはごく一部 


次に リーグと選手層の薄さ 競技人口が少ないのが影響しているのだとは思いますが 一部リーグであるなでしこリーグでさえ10チーム 下部のチャレンジリーグも東西合わせて12チームしかありません しかも 下部リーグのチームの約半数は学生チーム 地域リーグでもプロリーグでもなく 純然たる学生によるアマチュアチームなんですね さらに言うと 上位リーグのチームの中でも 選手層の薄さ故に ユース世代の選手がチームに参加していたりします 


そして かなり驚いたのは Jリーグに属する男子サッカーのチームの下部組織として女子チームが併設されている場合には 女子チームのアイデンティティーが確立されていません もちろんチームとしては存在し機能していますが ホームページを観る限り 男子チームのおまけ扱い これは実際に観ないと分かりませんでした まだ選手一人一人が写真付きで紹介されているのならましな方です  日テレベレーザにいたっては ワールドカップ優勝選手を2名も輩出しているのに 選手紹介が文字だけ 写真無いっす(ベルディの方は写真付きで存在しています) 酷すぎますね 


以前 田崎真珠がチームを持っていた頃 同じビルで働いていたので その時に女子サッカーリーグの存在を知ったのですが 全試合がどこだか分からん小さなグラウンドで しかも無料で開催されていることに驚いた記憶があるんですが あれから10年近く経ちますが あんまりその環境は変わっていないようです 

一部のチームでは 入場料を有料にし選手と契約をして広報活動に力を入れて独立採算で運営しているようですが まだまだほとんどの選手が 働きながら選手生活を続けており ほとんどのチームが独立採算が取れておらず スポンサーからの援助なしには運営できていないようです 


さてそこで今回の世界一ですよ 諸外国に比べると 明らかに劣った練習環境・経済状況に置かれながらも勝ち取った世界一の称号 今しばらくは なでしこジャパン世界一!ともてはやされて 多少なりとも経済的には潤うでしょうが その後も今まで同様 選手とチームの自主性に任せますからご自由にどうぞ でいいんでしょうかね? 


世界のトップと同等に戦える実力のある者を 国として支えなくてもいいんでしょうか? 良い成績を収めたらちやほやともてはやし 期待に応えられなかったら見捨てて叩きまくる そんな薄情で民度の低い民族ではないはずです 日本人 


例えば乗馬 毎回オリンピックでは 現地で乗る馬をレンタルするそうです 何故ならば 愛馬を現地まで輸送する費用を捻出できないから はじめまして の馬と競技に臨んで 良い成績を収めることが出来ますか? 

女子ホッケー 世界と同等の実力を持ちながら 練習場の確保や練習用の器具の購入すら躊躇するような経済状況です 

その他にも アマチュアであるというだけで 金のことは言うな と言われている競技者はごまんといます 

これを機に 女子サッカーだけでなく その他の世界レベルの競技者を金銭的にでも支援する制度を国に要望すべきではないでしょうか? 

内閣府:http://www.cao.go.jp/goiken.html 
首相官邸:http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html 
文部科学省:http://www.mext.go.jp/mail/index.html 

それぞれの組織に直接意見を言う窓口です 国民の一人として 意見を言う権利はあります
 
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | つくづくな話 | 14:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
定期通院日〜
今日もまた 2週に一度の定期通院日

地震が多くてみんなふらふらになってるけど大丈夫?とか聞かれました 皆さんかなーりヤられちゃってるようで たしかにボクも ん?地震か? と思い電灯の紐を見ると揺れていないので気のせいか となることが多々ありますね

そんな中で 寝る前に飲むワイパックス 1錠飲むと眠れ過ぎちゃう(≒チビッコに起こされても起きれない)ことが多いので 半分に割って飲んでもいいもんなんですか? と尋ねると とりあえず1錠飲んでグッスリ眠ってほしいんだよね と

まあ確かにおっしゃる通りですな うん なるべくそうします はい

で 先々週から パキシルを半錠×2回/日 と摂取方法を変えたのですが また瞬間的な眩暈(?)が復活 視線を動かしたときに一瞬だけ ザッ!と脳が回る感覚というか 何かがリセットされるような感覚が復活

2錠から1錠に減薬した時も 最初の2週間はそんな感覚が頻発してたけど 次の2週間はほとんどなくなったので 今回も同じように慣れることを期待して 同様の摂取方法で変わらず

ただ この2週間は 死んだ猫たちのことをやたらと思い出してしまい かなり涙ボロボロでしたね 増設した猫トイレを片付けながらボロボロ 残った猫が押し入れに上がりたいと訴えるので 押し入れを片付けながらボロボロ 上がる足場を組み立てながらボロボロ 買い物帰りに桜を見上げて 雪もそうだったけど桜も見せてやりたかったーなんて考えてたらボロボロ

もうボロボロでしたよ 涙腺 花粉症も手伝って 鼻水の量もハンパなかったっす

せめて 花粉症の季節だけでも早く過ぎ去ってちょうだい ティッシュの使用量もハンパねえっす


posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | わりと長引いてるうつ病の話 | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
まだまだ辛いなー
去年の5月に拾われて その方からうちに貰われた雄猫 その猫用にと 猫トイレを一つ新調して ずっと置いておいたのですが そいつもシロちゃんもいなくなったんので 新調した方を洗って片付けました

涙がまだ出ますね

たった8ヶ月しか生かしてやれなかったこと を今もまだ悔やんでいます もしあの時外に出すのをもう1時間遅らせていたら きっと今日猫トイレを片付ける必要は無かったはずだから

きつい のは全然平気ですけど 辛い のは慣れないですね

来月1歳になるはずだったんですよね 申し訳なくて申し訳なくて 仕方がありません

もっともっと生かしてやりたかった 
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | ボクと猫 猫とボク | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
功罪相半ば
ワイパックスを寝る前に飲むと とてもよく眠れるので良いのだが 眠れ過ぎて困るという一面も・・・

朝早く起きて洗濯したい時とか 起きられない かと言って 飲まないと 早朝3時くらいに目が覚めてそれっきり眠れなくなる

むぅぅ・・・ どうしたらいいものか 半分に割って飲む とかアリなのか?
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | わりと長引いてるうつ病の話 | 10:05 | comments(2) | trackbacks(0) |
減薬と増薬
昨日は定期通院日

今パキシルの摂取量を徐々に減らしてます 今日からは半錠を朝晩2回(=一錠/日) デパケンRで感情の起伏を抑えていければ パキシルを止める方向で調整中

その代わりっちゅうわけではないのですが 夜眠れるようにとワイパックスを寝る前に飲むように一錠/日処方してもらいました たしかに 飲んだ日と飲まない日では 眠りの深さが違うので これは助かります

今はただ 落ち着いて日々を過ごしたいですね 色んな意味で



明日はシロちゃんの初七日なので 近所のお地蔵さんに線香あげに行ってきます
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | わりと長引いてるうつ病の話 | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
透けるような白い毛並
透き通るような白い毛並み 地肌のピンクが透けて見える だからシロちゃん

今日ようやく逝けましたね ずっと具合悪かったもんね

昨日の夜 撫でてってしばらく甘えてくれたのは さよならの挨拶だったんだね

よかったよ ずっと撫でさせてもらえてさ 心残りはないよ

ちょっとだけさようなら そのうちそっちに逝くから また仲良くしようね

左ひじを ねーねー撫でてー って引っ掻いてね
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | ボクと猫 猫とボク | 18:06 | comments(3) | trackbacks(0) |
無性にむかついてきた
眩暈は続いているのだが 何もしてない 何もできない自分に 無性に腹が立ってきた

こんな時だからこそ 何かしなきゃいけない

今月末の定期診察の時に 主治医に働いてもいいか聞いてみよう OKならば パート募集している近所の仕出しのお弁当屋さんに週三勤務とかでも雇ってくれるか聞いてみよう

まずは 足を前に出さんと このまま性根も身体も精神も腐ってしまいそうだ

この際 鬱だなんだと言ってられん 気がする
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | わりと長引いてるうつ病の話 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) |