Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Sponsored links
日本女子プロ野球機構
日本女子プロ野球機構
DVD ニューリリース
空色リボン・キャンペーン
空色リボン・キャンペーン
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
原爆の子
wowowで観た 終戦後7年経過した時点 という設定の映画 実際に公開されたのは1952年

瀬戸内の小島で小学校教諭をしている主人公は 広島で幼稚園教諭をしていた時に被爆し家族を全て失った過去がある 5年ぶりに故郷を訪れ たった3人生き残った昔の教え子を訪ね歩くうちに かつての使用人と出会う という話

かつての教え子たちは何十人もいたが そのうち生き残ったのはたった3人 そのうちの1人は父親が原爆症で死に もう1人は病床について久しい もう1人は元気に育っていたが両親を失っていた

観ていて 痛い映画 というのはそう多くないが これもそのうちの一つ 過度な演出や演技・説明口調のクドイ脚本などは無いが 痛々しくて正視に耐えない場面が多い

その中でも つつましく暮らす元同僚夫婦の営みや かつての教え子の姉の嫁入りなど 生きている人間の当然の喜びを描くことで なおさら原爆という非人道的な兵器の恐ろしさを改めて教えてくれる

戦後7年経過した時点でも 広島の街中にはガレキの積もった整地されていない場所がそこかしこにあり 一瞬にして広島から一切合財を奪った原爆の凄まじさを物言わぬ画面からビシビシと感じ取れる

戦後7年も経っているのに 未だ広島では 生きるか死ぬか の選択を迫られている人々が居た ということをこの映画を観て感じ取って欲しい そして 核兵器と戦争のもたらす不幸 を知って欲しい
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | 映画を観た話 | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヤッターマン
地上波で観た  あれ?実写版をもう放送しちゃうの?アニメ? と不思議に思ってたら 実写の方でした

一言で言うと 冗長 約100分と短尺なんだけど 冗長に感じるってのは 明らかな編集の失敗ですよね

ほぼアニメに忠実にばかばかしさを追求して お金のかかったそこそこの規模のセットを組んだりして 大掛かりにやっている点は心憎いところなんだけど 無駄なネタが多すぎて それが映画の流れをいちいち止めるので 観ててイライラする

CGも日本特有の素人臭さはうまく誤魔化してあって 見応えはあるんだけど そこでまた無駄な時間を割いているので やはり観ててイライラする

いい感じにかいつまめば1時間程度の映画なんだろうなぁ と思ってしまう所が う〜ん どうなんでしょうか

配役は なかなか適材適所でしたね 恭子ちゃんのドロンジョはどうなのよ?と思ってましたが プロポーション的には文句無し ただし 演技がね・・・ セリフ棒読みの癖は治ってませんでした・・・
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | 映画を観た話 | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
マイ・ビッグ・ファット・ウェディング

BSで観た 原題は My big fat greek wedding です greekを抜いちゃうと 何だか太った人の結婚式 みたいになっちゃうので 変なとこだけ単語を抜かないように

ギリシャ系アメリカ人の適齢期を過ぎた女性が 一目惚れから結婚に漕ぎ着けるまでのお話し ただし 何かと 語源はギリシャ語だ!と言い張るいうお父さんや やたらと多い親戚達に振りまわされて うまくいくんだかいかないんだか というコメディ

これが元でドラマが出来たんだか ドラマが先で映画化されたんだか忘れたけど テレビドラマの方は もっとコテコテのコメディ 映画の方は ほんのりと優しいタッチのコメディ どっちも面白いけど ホロリとするのは映画の方かも

俗に言う マリッジ ブルー とかなってる人は これ観て笑い飛ばしてみたらいかが? と勧められる映画ですよ

posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | 映画を観た話 | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
パニッシャー ウォーゾーン
wowowで観た コメディ?

初っ端から 首は切り落とされるわ 頭はぶっ飛ばされるわ 悪人達がこれでもかと酷い目に遭わされます 出てくる悪党は全員死にますから 情けも容赦もへったくれもありゃしません 勧善懲悪 どころか 勧善“滅”悪です

ガラス処理機で顔も身体もズタボロにされた悪党の親玉に至っては 最後に串刺しにされて焼き殺されます 何の因果で2度もそんな痛い目に・・・ と 悪党側にちょい同情します すんなり殺される他の悪党の方が ナンボほど幸せなことか

そんな 脳ミソ飛びまくり の映画なんですが 主人公一人がシリアスなだけで ストーリーと脚色はかなりコメディです 悪党兄弟の掛け合いなぞは 観てて笑っちゃうくらい 要所要所に細かいネタが仕込んであるので それもまた笑いを誘ってくれます

これって やっぱりコメディなのかしらん???
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | 映画を観た話 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
007 慰めの報酬
wowowで観た 慰めの報酬って邦題は何だ? Quantum of Solace 直訳すると 慰めの粒子 ≒慰めの欠片 てとこかと 復讐を遂げたとしても慰めになる欠片も無い ということなんじゃないの? まあいいや

前作から引き続き ダニエル クレイグがかなりハードなアクションとシリアスな演技で 全編全速力で駆け抜ける ハードボイルド・アクション・スパイ映画 次から次へと周りのモノが爆発し 人が死んでいきます 金かかってます

時間も100分ほどに纏め上げたことによって(今までの007シリーズは120分超当たり前) 最後までダレることなく 若干の端折り過ぎていて 人物の相関関係に説明不足な感もあるが これは観る側に その辺は自分で考えろ と問われているような気がする 1度観ただけじゃ不明な点があるので 2度3度と観ないと 話がキチッと繋がらんよ

今回のボンドガールは オリガ キュリレンコが演じたが 今までと違い かなりハードな役どころで 単なる賑やかしのフェロモン担当 にはなっていない これもまた好印象 北欧系の顔立ちだと思ってたけど 日焼けすると南米系の顔にもなるとは かなり驚き

ところで 冒頭のカーチェイスのシーンで 1台のアストンマーチンと2台のアルファロメオが大破 はあぁ〜! アストンマーチンになんてことするのぉ〜! と脱力したアナタは(ボクも)車大好きな人です 邦画ならば あのシーンの予算だけで1本撮れますな 豪華な映画でした

壊れたあのアストンマーチンでもいいので ボクにくれませんか?
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | 映画を観た話 | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
第五福竜丸
wowowで観た 1954年3月1日 太平洋のビキニ環礁でアメリカが実施した水爆実験で 危険区域外で操業していたにもかかわらず(<ここ大事)被爆した第五福竜丸とその乗組員の姿を描いた作品 事実を基にした新藤兼人監督作品

この映画は 特に反核を煽るわけでもなく 当時の焼津漁港で遠洋漁業に従事する久保山愛吉無線長を始めとする第五福竜丸の乗組員達の生活やその家族の生活 また 被爆発覚後の焼津市・静岡県・日本政府の対応や 治療に従事しながらも当時の医学の限界を超えた放射能症という巨大な壁にぶつかり苦悩する医師の姿 そしてメディアや一般国民の反応などを 淡々と描き続けて 久保山無線長の合同葬儀で幕を閉じている

有名な久保山無線長の「原水爆による犠牲者は、私で最後にして欲しい」という遺言も映画の中では引用されていない それによって 一漁師だった日本人の人生を一瞬で変えてしまった核実験という非人道的な行為への警告と批難を より克明に印象付けている

久保山無線長を宇野重吉氏 その妻を音羽信子氏 その他にも昭和を代表する俳優陣が出演しており 映画としても1級品へと昇華させている

ちなみに 一介の漁師であった久保山無線長の人生を奪った 日本人としては決して忘れてはいけないこの事件について 日本側は久保山無線長の死因を被爆による放射能症と断定したが アメリカ側は未だに水爆実験での被爆と死因との因果関係は無い としている

この悲劇の後も アメリカを始めとする核保有国は 原水爆の実験を止むことなく繰り返している 中でも 確認されているだけでも 妊婦への放射性物質の投与 放射性物質の市街地への空中散布 核実験爆心地へ防護服無しで進軍させる等々 放射能が人体へ及ぼす影響の人体実験をも行っている
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | 映画を観た話 | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
アンダーワールド ビギンズ

wowowで観た アンダーワールドシリーズの続編?序章?と言うべき作品

ケイト ベッキンセールのまさかのアクション挑戦で一躍有名になったアンダーワールド 映画そのものの出来もさることながら ケイトの演技力の強さが興行的ヒットに繋がったのは間違いのないところ

この作品は ライカン(=狼男)の発祥から ヴァンパイアとの確執>戦争の勃発 までを描いた作品で ビル ナイを始め シリーズの役者が顔を揃えており あまり年月をおかずに撮りきったようで 時代を遡ったはずなのに役者は老けている というシリーズ物にありがちな欠点が少なく 違和感が無く観られる

ライカンとヴァンパイアの戦争の発端にもなった 処刑されたヴィクターの娘ソーニャ役でローナ ミトラが起用されているが 若干弱いんだよなぁ やはりTVスケールの女優なんだよねぇ ビルやマイケル シーンの鬼気迫る演技に完全に喰われちゃってる感が否めないのよ ここもケイト使った方がよかったんじゃないかと思うんだけど 大人の事情で無理だったのかしら?

とてもコンパクトにまとめられていて ダレることなく観終われるんだけど 題名は原題を何とかアレンジして欲しかった 『Rise of the Lycans』なのに単なる『ビギンス』じゃ味気ないよ

posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | 映画を観た話 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
風の谷のナウシカ
地上波で観た 通しで観たのは初めてかも

ジブリの名を世に知らしめた記念碑的作品 名作には間違いないところなんだけど 宮崎色がここまで強かったとは ちょっと思い違いをしていたかも

宮崎駿って人は 人と自然の共存とか 生死とか 自然を含めて世界を制することの愚かさとか そういう教訓めいたメッセージを映画の端々に散りばめるのが好きな人だけど 実は 異形のモノも大好きで 作中に必ず異形のモノが出てくるんだよね

例えばナウシカでは 隻眼の男 片手・両足を失った指揮官 視力の衰えた老婆 そして何と言っても 腐り溶け落ちる巨神兵 ポニョでも 老人は皆足が不自由だったし もののけでは らい病の職人と 片手を噛み切られた女 千と千尋では それこそ異形の大集合 形は赤ん坊だが大きさは大人の子供 頭だけが異様にデカい女主人 蜘蛛の足を持つ湯番

宮崎駿って アクロトモフィリア? アポテムノフィリア? なのかしら?

ちょっとこう ジブリ映画を観て 何かしらイヤな感じが残るのは そのせいかも・・・
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | 映画を観た話 | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
地球が静止する日
wowowで観た 正確に言うと 地球は静止しないんだよね

古典SF映画の名作のリメイク ほぼ同じ内容らしい 元々の方をうる憶えなので あんましよく分かんない 1951年版の方もやってくんないかな?

ジェニファー コネリーが良い年齢の重ね方をして アイドル女優から本格派女優になったなあと感じさせる作品 キアヌ リーヴスは相変わらず 良くも悪くもない無機質な演技で かなり宇宙人っぽい

謎のエイリアンにパニック起こしてるのはごく一部の人だけで それ以外の市民はテレビ越しにしか登場しないので 国務長官役のキャシー ベイツが一人でヒステリックになって問題をこじらせてるようにしか見えなくて 全体像がほとんど見えない映画でしたね ここまで置き去りにされたのは あの珍作デビルマン以来です あれよりは数百倍マシな映画だけどね

何だか 途中途中で息子のジェイコブがわけわかんないこと口走るので 何て自分勝手な子なの!? と思ってたんだけど 最後までわけわかんない子でしたので そういうキャラなんでしょう

さらに 最終兵器がイナゴだもの 結局は聖書かよ!ってツッコミも入れたいところだが まあ わかんないことだらけの映画なので それもまた良しかと 観なきゃいいんだもん

ちなみに 51年版でも出てきたロボットはほぼ原形のままみたいで ちょーかっこいいです
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | 映画を観た話 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
崖の上のポニョ
地上波で観た 録画時間が3時間超えてるから ちょー長い映画なのかと思いきや 前半1時間以上歌とか歌ってやんの

端的に言うと 童話だね イソップじゃなくて グリムの方 黄泉の世界とか魔女とか魔法とか異形のモノとか出てくる グリム童話の宮崎版 根本は『人魚姫』がモチーフになってるんだろうけど 世界の終わりとか船の墓場だとか 足腰のきかない年寄りの足が治ったりとかは どの辺の話なんだろうか? もののけ姫でも同じような設定だったか らい病の人が治った場面あったよね?

毎度お馴染みの 文明=悪 自然=善 という宮崎お得意のステレオ構想が前半これでもかと出てくる(底引き網の中がゴミだらけとかね)ので ちょっとウザい ポニョとソースケに食べさせるチキンラーメンは文明が生み出したもんだろうがよ!と言いたい 宮崎が田舎で自給自足で生活しているのなら 文明を批判するのも結構だが 実際には都会でアニメーションを製作して暮らしているのだから そこまで文明を批判するのは 天に唾吐いているのと一緒だと思うぞ あんまりゴリ押しする考えじゃないよね

なんか色々と裏考察してる人もいるようだけど まあ童話なんだから 裏を読むのは大人だけにしておいて 子どもは単純に面白がって観ればいいのかなぁと思うけど これを嫌がる子どももいるんじゃないかと思う ちょっとグリム色が強いかな? 死のイメージがそこかしこに出てくるので(リサが嵐の中出ていくシーンとか リサカーだけがポツンと残されてソースケがそれ見て泣くシーンとか コースケの船が世界の果てみたいなとこに行きつくシーンとかね)感受性の強い子は 何かを感じ取ってヒいちゃうかもね
posted by: ௧ʒᘂ金本舗 | 映画を観た話 | 22:11 | comments(2) | trackbacks(0) |